2014年09月28日

農地の固定資産税の強化について

政府は農業の活性化の一策として、耕作が放棄された農地や点在する農地の集約

を加速するため、耕作放棄地の固定資産税を2〜3倍にする方針ということが、9月

10日付けの日経新聞に掲載されていました。

この際、農地を農地中間管理機構(農地バンク)に貸し出すと固定資産税をゼロにする。

そして、農地バンクがこの農地を整備して、意欲ある生産者に貸し出すと、農地を貸し

出した地域や個人に支援金を出すこともあるという案のようです。

この問題点として、@農地であろうと、耕作放棄地であろうと、貸し出された後、農地とし

て利用されていれば、その土地の所有者が農地としての固定資産税を払うのが常識だと

思います、A放置された耕作放棄地のままだと、固定資産税を2〜3倍にするというのは

あまりにも常識はずれの低額だと思います。耕作されていない農地は「雑種地」です。少

なくとも30〜50倍にしなければおかしい。税が余りにも安いから農地を放置しているのだ


と思います、 B支援金を何故出すのか、意味が判りません。

政府は30年以上も農業改革、政策を失敗してきた上に、さらに農地所有者の人気取り政


策を行う政治家の醜さがまたまた見る思いです。
posted by Naito at 15:12| Comment(0) | 最新情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: