2014年01月18日

夜の散歩

この3〜4年、ほとんど毎日ですが、夜半に愛犬リリィを連れて散歩に出かけています。

町内一周で、15分足らずですが。

リリィは大変怖がりで暗い中での散歩は嫌がります。だからこの時は抱いて歩いています。

今は、寒いので毛布にくるんでいます。

散歩の目的は私の目の休息のためです。リリィはこの散歩を大変楽しみにしています。

理由はよく分からないのですが、定刻近くになると、私の方を注視しています。私が準備

を始めると、飛んで、跳ねて大喜びです。

こうした中、この頃は外に出ると驚かされます。アプローチの外階段に映る陰影が街灯の

光でできる明暗とは異なり、非常にはっきりし、明るい部分が更に明るいのです。

門扉近くに行き、空を見上げると月だと分かりました。まさに凍れる月影です。

また、うす雲に透けて見える月も見事です。

身も心も引き締めてくれると同時に、「あァー、美しい!」と感動を与えてくれます。

一度、皆様も夜空を見上げてみたら如何ですか。
posted by Naito at 18:11| Comment(0) | ひとりごと